ゆく川の流れは絶えずして しかももとの水にあらず

プロフィール

清童

Author:清童
○ きよっぱ
× すがわらべ

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

曇った! 

20070215230549.jpg

明けても暮れても雪かきの日々。
今日の様な重たい雪だとかなりの重労働です。
30分も雪と格闘していると全身汗でビッショリ。
「さて、そろそろ切り上げるか」
と時計に目をやると
「イヤァ~ン!ガラスの内側が曇ってるぅ~」

そんな時は、慌てず騒がず、まずは、写真撮影。

湿気なんてリューズを緩めてしばらく放置しておけば無くなりそうですが
お気に入りのターノなので面倒ですが裏蓋を開ける事に。
そうは言っても雪かきでヘトヘトなので
ブロアで数回「プシュ!プシュ!」と湿気を吹き飛ばしただけで
ガラスの内側を拭く事もなく何事も無かったかのように裏蓋を閉める私。

G-SHOCKを愛用していた時は風呂にも一緒に入っていたので
ガラスの内側が曇ることも良くありました。
そんな状態で電池交換まで(3~4年)乱暴に使っていましたが、
ケース内に目に見えるサビは発生していませんでした。

勿論クォーツより遥かにデリケートなのは解りますが
常に動かしていれば、そう簡単に駆動部にサビが出ることも無いでしょうしね。
気にしない、気にしない。


←クリックすると幸せになります(私が)
---------------------
腕時計・コレクション・UNIX
Blog Ranking 1-50位 ←こっちはどうでもいいや(たまにクリックしてくれると嬉しいです)
---------------------
スポンサーサイト
2007/02/15 23:06|腕時計__________トラックバック:0コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://k1y0n.blog57.fc2.com/tb.php/212-afe02bfe

Copyright(C) 2006 葉っぱの壺 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。