ゆく川の流れは絶えずして しかももとの水にあらず

プロフィール

清童

Author:清童
○ きよっぱ
× すがわらべ

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

オリジナル文字盤&針 大失敗? 

20070323000536.jpg

昨日、あまりに暇だったので
時計墓場に眠っていた時計1つに犠牲になっていただいて
ちょっとイタズラしてみました。

パネライのパチだったのですがsinn風にアレンジ。
文字盤を1度半ツヤのスプレーで塗りつぶし、マットな感じに。
数字とメモリは完全フリーハンドで書いてみました。
針もちょっとsinn風に。
雑な感じが味になるかな・・とも思ったのですが・・

飽きたらまた塗り直せばいいか・・。


←時計ブログランキング1-50位
---------------------
腕時計・コレクション・UNIX
Blog Ranking 1-50位 ←こっちはどうでもいいや(たまにクリックしてくれると嬉しいです)
---------------------
スポンサーサイト
2007/03/22 00:00|腕時計__________トラックバック:0コメント:3

コメント

文字盤の外し方教えて下さい。
今日は、きょっぱさん
私も以前、文字盤をいじくろうとしてバラ
しましたが、竜頭が入らなくなりボツに
してしまいました。
竜頭の外すタイミングが分かりません?
教えて下さい!!御願致します。
カッキー #z/8PqRhk|2007/03/23(金) 16:18 [ 編集 ]

カッキーさん、こんにちは。
竜頭は奥まで差し込んだ状態で抜かないと後で厄介なことになる事が多いようです。

こちらのサイトが参考になると思います。
ムーブメントの取り出し
http://kawai3.hp.infoseek.co.jp/disassembly2.html

私も時計をいじりだした頃、よくリューズが入らなくなって苦労しました。
リューズ穴を覗いて、細い針を突っ込み、中をカリカリやって
ツヅミ車やキチ車が真っ直ぐになるようにしたら入るようになった事がありました。
リューズを外すボタンを強く押しすぎてしまった場合は
ムーブと文字盤の間(ボタンの真裏)の飛び出た部品をカリカリやると
カチン!と元に戻ったこともありました。
(上記の方法はあまり人にオススメできるものではありませんが・・)
文字盤を外し、オシドリ、カンヌキ周りを組み直すのが一番無難でしょう。

リューズの役割
http://kawai3.hp.infoseek.co.jp/windingstem.html
清童(きよっぱ)  #iys6Fr6w|2007/03/23(金) 21:27 [ 編集 ]

たいへん有難う御座いました。

是非参考にさせて頂きます。
カッキー #z/8PqRhk|2007/03/26(月) 11:10 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://k1y0n.blog57.fc2.com/tb.php/247-5dac94a4

Copyright(C) 2006 葉っぱの壺 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。